1. HOME
  2. ニュース・ブログ
  3. 雇用保険料率がアップします

ブログ

雇用保険料率がアップします

皆様こんにちは!社会保険労務士法人アシストの西村です。

いよいよ春らしく、過ごしやすい気候になってきましたね。

新型コロナウイルス感染はまだ収束しませんが、感染予防に
気をつけつつ、春の温かい風に触れに出かけるのもいいかも
しれませんね。

さて、今回の本ブログでは、ついに決まった
雇用保険料率のアップ」についてお伝えします。

新型コロナウイルス感染拡大により、従業員の雇用維持のため
「雇用調整助成金」などが非常に多くの企業で活用されています。

これにより多くの労働者の雇用が維持されましたが、その反面
雇用保険制度の財政も大きく悪化しております。

これを受け、その財源となる雇用保険料の率が変更(アップ)
されることとなりました。

今回の保険料変更は、1年度の間に2回変更されるという非常に
特殊な形式となります。

まず、4月1日より、下記のように、事業主の負担率が
0.5/1,000」アップします。

【事業主負担率】
●一般の事業        6/1,000 → 6.5/1,000
●農林水産・清酒製造の事業 7/1,000 → 7.5/1,000
●建設の事業        8/1,000 → 8.5/1,000

続いて、10月1日より労働者負担・事業主負担率がそれぞれ
2/1,000」アップします。

【労働者負担率】
●一般の事業        3/1,000 → 5/1,000
●農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 → 6/1,000
●建設の事業        4/1,000 → 6/1,000

【事業主負担率】
●一般の事業        6.5/1,000 → 8.5/1000
●農林水産・清酒製造の事業 7.5/1,000 → 9.5/1,000
●建設の事業        8.5/1,000 → 10.5/1,000

この結果、10月以降の雇用保険料率は、上昇前に比べて全体で
「4.5/1,000」アップ
することとなります。

総支給額30万円の方(一般の事業)の場合だと、本人負担が600円、
事業主負担が750円、あわせて1,350円の負担アップとなります。
財政が厳しいとはいえ、この時世での企業や労働者の負担増は
苦しいところですね・・・

なお、企業経営者の方が特に気を付けるべきは、10月からの
労働者負担率のアップでしょう。これにより、10月分の給与から
給与計算ソフトの設定を変更しなければなりません

給与計算を自社でされている会社様は、従業員からの控除を
間違えて迷惑をかけることの無いよう、細心の注意が必要です。

私ども社会保険労務士事務所では、間違いがなく安心できる
給与計算業務も承っております。
毎月の煩わしい給与計算業務から解放されれば、その時間を
更に有効活用できるのではないでしょうか。
保険料が変わるこの機会に、ぜひ給与計算の委託をご検討ください。


健全な経営へのアドバイス・
サポートを行っています。

人事労務サポート

労務サポート・給与計算サポート・労務診断
労務サポート・
給与計算サポート・労務診断

毎月の給与計算や社会保険の申請など、19名の社労士が労務全般の業務を丁寧にサポートします。

労務コンサルサポート

助成金・補助金

年間300件以上・総額3億円以上の申請を行っています。

就業規則

これからの時代の「働き方」を見据えた就業規則を作成します。

労務診断

現在の労務的リスクを調査し、診断・レポートいたします。

専門サポートサービス

開業支援サポート

スムーズに開業ができるようサポートします。

医療介護業様の専門サポート

医療介護業界に熟知したアシストだから手厚いサポートをいたします。

建築事業者様の専門サポート

建築業界に熟知した専門の社労士が対応いたします。

アクセス

ACCESS

アシストへのアクセスや
会社情報はこちら

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせや料金のご相談は
お問い合わせフォームから
ご連絡ください。