労務で困らないために、
企業がしなければならない
たった1つのこと。

CHECKPOINT.01

知らないと陥りやすい
負のスパイラル

会社の労務問題で一番多いご相談は、不満が原因で起こる労使の問題です。
なぜ従業員が不満を持つのでしょうか?

従業員の不満は、労働時間、職場環境、人間関係など、さまざま事がありますが、根本の原因の1つに、経営者が法律や法令を守っていない、または、知らないという事があげられます。

たとえば「うちは他の会社に比べて高額な給料を払っているので多少の残業は残業として認めず残業代は払わない」という会社があったとすると、これは完全に法律違反です。
経営者としては、高い給料を払っているのだから従業員も納得しているだろうと思い込んでいても、問題が起きた場合、経営者側が全責任を負うことになります。

このように知らず知らずのうちに法律違反をしてしまっていることはありませんか?

従業員の立場から見ると、うっかりで法律を守らなかったり、社内規定に明記されていないと、会社や経営者を不信に思い、不満を増幅させることになりかねません。
そうなると従業員の離職や労使問題につながり結果として無用なコストが増え経営を圧迫し更なる不満を生むことになります。

まずはお気軽にお問い合わせを!

CHECKPOINT.02

会社に活気をもたらす
好循環

法律に準拠した社内規定などは整っていた場合はどうでしょうか?
従業員が持つ不満や不平は様々です。

法律に即したルールを持つことは、多くの問題を回避し労使お互いにメリットが生まれ従業員の満足を向上する1つの手段だと言えることができます。
また、ルールを守る会社は、社会的にも信用が生まれ良い会社の評価も得られます。
そうなるとますます従業員の満足も向上し好循環が生まれます。

「うちは小さな会社だからそんなにきっちり出来ない」とおっしゃる経営者さんも多いですが、小さいからこそルール作りをしっかりしておかないと問題が起きた時に、多額の費用が必要となりかねません。

法律を調べ上げて社内規定を策定したり、社内に専従のスタッフを置くことも大変な負担です。
そんな時にこそ社会保険労務士にアウトソーシングを検討されてはどうでしょうか?

まずはお気軽にお問い合わせを!

CHECKPOINT.03

さらに良い方向にするための
アドバイス

法律を守っている会社は、国や自治体の雇用助成金を活用することができます。

助成金を受けることは優良企業のあかしとなり人材確保やキャリアアップなど従業員のための施策に役立ち更なる好循環を生み出します。

詳しくは“助成金について”へ

アシストでは、助成金のスペシャリストが日々変化する助成金の情報にアンテナを張りその時々に応じたアドバイスを行うとともに、社会保険労務法人として多数の社会保険労務士が在席し、お客様の業務をサポートしますので、急な御用や切れ目の無いサービスを提供することが可能です。

アシストは、ユーキャン社会保険労務士合格指導講座の講師を務めるなど、社会保険労務士の育成にも力を入れています。

まずはお気軽にお問い合わせを!

サポートさせていただいた
お客様の声
Customer Voice

01

有限会社ギャラリーレア
代表取締役 太田延彰 様

Message

企業経営において従業員との信頼関係は、お金の問題と同じくらい重要です。
アシストに任せておけば、自社の成長に合わせた労務管理がストレスなく行えます。

顧問契約を結んで約1年半。忌憚のないストレートな意見をお伺いしました!詳しく読む

私達はあなたのパートナーとして、
あなたの声に親身に傾聴し、ご提案いたします。

まずは、お気軽に弊社にお問い合わせください!
あなたの経営・労務のお悩みを伺った上で、最適なサポートを行ってまいります。

06-6268-1113

御社名 (必須)
御名前 (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容