1. HOME
  2. ニュース・ブログ
  3. 【動画配信あり】令和4年度改正人材開発支援助成金

ブログ

【動画配信あり】令和4年度改正人材開発支援助成金

皆さんこんにちは!
アシストセミナー事業部です。

令和4年度から人材開発支援助成金(訓練コース)に改正があり、そのうち特に重要な内容について解説をします。
改正点としては全部で7項目となり概要は下記のとおりです。

【令和4年度改正の概要】
 1.訓練施設の要件の変更
 2.訓練講師(外部講師)の要件の変更
 3.OJTの助成額変更
 4.訓練の統廃合
 5.若年人材育成訓練の対象労働者の変更
 6.助成対象訓練の変更(特別育成訓練)
 7.訓練届提出時の書類の変更

●解説「3.OJTの助成金額変更」
 まず、最も大きな変更点としてはOJTの助成金額変更です。これまでOJTについては1時間あたり760円(中小企業)の助成金額が設定されていましたが、今回の改正により1講習当たり10万円(中小企業)といった「定額制」に変更されました。
 従って、これまではOJT訓練実施時間が多ければ、助成金額も大きくなっていたのですが、令和4年度以降はOJTに対する助成金は上記の金額が上限額となります。
 なお、OJT実施最低時間数等の詳細は未定です。

●解説「7.訓練届提出時の書類の変更」
 次に書類作成等の実務で苦労しそうなのが この改正です。訓練開始の1ヵ月前までに訓練計画届を提出しなければならないのですが、添付書類の中に「訓練日ごとのカリキュラム」が追加されました。
 これまで特別育成訓練は2ヵ月~6カ月の訓練が可能とされていましたが、2ヵ月~6カ月間の日ごとのカリキュラムを事前に作成することはかなりの事務作業の負担が予想されます。
 また、カリキュラムはどの程度流動的でよいのか。変更する場合は手続きが必要なのか?

※ OJTの実施時間等の詳細・訓練日ごとのカリキュラムの変更手続き等の詳細について、現時点(令和4年3月29日現在)では公表されていません。これらの点については、政府からの発表があれば情報を更新いたします。

こちらの内容については動画でも解説しています。
ぜひご覧ください!
↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=09Ly7Wck5Bs


健全な経営へのアドバイス・
サポートを行っています。

人事労務サポート

労務サポート・給与計算サポート・労務診断
労務サポート・
給与計算サポート・労務診断

毎月の給与計算や社会保険の申請など、19名の社労士が労務全般の業務を丁寧にサポートします。

労務コンサルサポート

助成金・補助金

年間300件以上・総額3億円以上の申請を行っています。

就業規則

これからの時代の「働き方」を見据えた就業規則を作成します。

労務診断

現在の労務的リスクを調査し、診断・レポートいたします。

専門サポートサービス

開業支援サポート

スムーズに開業ができるようサポートします。

医療介護業様の専門サポート

医療介護業界に熟知したアシストだから手厚いサポートをいたします。

建築事業者様の専門サポート

建築業界に熟知した専門の社労士が対応いたします。

アクセス

ACCESS

アシストへのアクセスや
会社情報はこちら

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせや料金のご相談は
お問い合わせフォームから
ご連絡ください。