キャリアアップ助成金の事をもっと知りたいあなたに教えます。

キャリアアップ助成金とは

このページに辿り着いたあなたは、きっと「キャリアアップ助成金」について多くのサイトやパンフレットをご覧になったと思います。

ただ、残念なことに言葉が専門的すぎて、内容が良くわからないと言うお声をたくさん耳にします。 実際、経済産業省のホームページに公開されているパンフレットを見ても「有期契約労働者」や「正規雇用労働者」など耳慣れない言葉で何のことかは直感で伝わってきません。

でも大丈夫です。簡単に言うと、キャリアアップ助成金は、「新たに正社員を雇えば受給できる」全ての会社が対象の助成金です。条件さえ整えばすべての会社が対象で1人あたり最高84万円を受給することが出来ます。

では、助成金全般の基本的な条件からご説明します。
※お時間のある方は動画をご覧ください。

助成金の主な受給条件
労働者を雇用している
雇用保険に加入している
労働保険料を滞納していない
過去6ヵ月以内に解雇していない
その他労働関係法令に違反していない


その中でも今回注目しているキャリアアップ助成金について簡単にご説明します。

キャリアアップ助成金とは、

非正規労働者
  ・正社員ではない従業員
  ・派遣社員

これらを
  ・正社員に転換
  ・処遇改善

することにより受給できる助成金です

正社員化コースの活用

一言で「キャリアアップ助成金」と言っても、「正社員化コース」「賃金規定等改定コース」「健康診断精制度コース」「賃金規定等共通化コース」「諸手当制度共通化コース」「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」「短時間労働者労働時間延長コース」と、実に7つに分類されています。この辺りも複雑に感じる原因の一つになっているのではないでしょうか? ただし、この中でもアシストが今回おすすめするのは、比較的受給対象になりやすい「正社員化コース」にフォーカスしてご案内します。
(アシストでは他のコースにも対応致します。お気軽にご相談ください。)

キャリアアップ助成金のコース
正社員化コース
賃金規定等改定コース
健康診断精制度コース
賃金規定等共通化コース
諸手当制度共通化コース
選択的適用拡大導入時処遇改善コース
短時間労働者労働時間延長コース

「正社員化コース」は、その名前の通り非正規雇用の従業員を改めて正社員として雇い入れた場合に受給できる助成金です。とは言え「うちは新入社員しか雇わない」と言うあなたも、新入の試用期間として雇用している社員も対象となりますので安心してください。

正社員化コースの条件
入社後6ヵ月以上3年以内の非正規従業員を
正社員に転換すると受給できる助成金

一部平成30年度に改正された点をお知らせします。

●申請上限人数が増えました。
 15人/年間→20人/年間
 1年間の申請人数が15人が上限であったところ、20人に引き上げられました。
 これにより、基本助成金額として一人57万円に換算すると、855万円から1,140万円までの受給が可能になります。
●正社員後に昇給が必要になりました。
 正社員後に5%以上の昇給が必要
 正社員になる前の6ヵ月と正社員後の6ヵ月において、5%以上の給与額の差が必要になります。
 イメージ:20万円→21万円
●対象者の勤続年数に上限が設けられました。
 入社から3年を超えた方は対象外
 入社から3年を超える従業員を正社員に転換しても助成金の対象からは除外されます。

では、どのような手続きが必要となるのでしょうか?この辺りもネットで調べてもわかりにくい情報ばかりで混乱してします。まず、申請には主に以下の書類が必要です。

賃金台帳
支払方法・受取人住所届
就業規則
雇用契約書など
出勤簿またはタイムカード
中小企業事業主であることを確認できる書類(登記簿謄本)
対象者に母子家庭の母などが含まれる場合、母子家庭の母などが確認できるもの
生産性要件に係る支給申請の場合の添付書類(損益計算書、総勘定元帳など)

特に、就業規則や雇用契約書が労働局の求める条件に一致している必要があります。

アシストが出来ること

このように申請は、提出資料が多くて大変です。特に「社内規定」に関しては「うちは社内規定なんか作ってないよ!」「これから作る時間なんて無いよ!」と言うお声をたくさん頂戴しました。そこで、アシストでは、助成金申請のスペシャリストで構成する専属チームを作成し、短時間であなたの会社にあった社内規定などすべての書類の作成を一括でお手伝い致します。また、個人の労務士とは違いチームで業務にあたるため、急な用件や長期的な事案にも安定的に対応できます。申請に関するお困り事がございましたらなんでもお任せください。

アシストは、大阪、東京、名古屋に拠点を置き、全国に300社以上の顧問契約を有する社会保険労務士法人です。また、全国にネットワークを展開するアシストでは、日本全国の申請を承ります。地方や遠隔地の方もお気軽にお声掛け下さい。

受給までの流れ

アシストが代行する場合を含め、受給までの流れは、概ね以下となりますのでご参考にしてください。

  • アシストへのお申込み
  • ヒヤリング(ご訪問)
    ・見積・スケジューリング
  • キャリアアップ計画書提出(労働局)
    キャリアアップ計画書提出後、受給申請ができるまでに最低でも6ヶ月の期間が必要です。
  • 支給申請
    申請先の事務手続きのスピードもにもよりますが、受給申請後、およそ4ヶ月で受給となります。
  • 受給

気になる費用は

アシストでは、必要書類の作成、申請など全て含めまして、受給額の20%とさせて頂いております。
たとえば、申請者がお1人で受給額が57万円の場合、11万4千円(税別)

但し、一度に数人の申請を行う場合は、人数に応じて割引がご座います。詳細はお問い合わせください。
また、お支払いは完全成功報酬制、前金無しの受給後のご請求となりますので万が一の時も安心してご利用いただけます。

アシストでは8月限定キャッシュバックキャンペーンを実施しております。
受給対象者様1名につき1万円をキャッシュバック
例えば、受給対象の申請者が10人なら10万円をキャッシュバック!
※ご請求の金額より差し引かせて頂きます。

さらに、顧問契約を同時にお申込み頂くと手数料を受給額の20%から15%に致します。
この機会にご検討ください。詳しくは、お問合わせください。

但し、期間中(2018年8月31日まで)にこのページよりお問い合わせ頂いた会社様で先着3社様限りの特典です。
お早めにお問い合わせ下さい。

お客様の声

これまでにご相談いただいた方の声をご紹介。

ふじもと歯科 院長 藤本直志様 歯科医院 大阪府堺市

開院当初から助成金の手続きをお願いしています。従業員を雇用すれば助成金が活用でき、非常に良い循環になっています。アシストさんに任せて安心しています。

(株)鈴重 代表取締役 鈴木肇様愛知県稲沢市 板金加工業

アシストさんにお願いしてから、助成金の進行と並行して会社の労務に関しても整備できるようになってきました。
今後もお付き合いして、会社をよくしたいと思っています。

株式会社i-net.creation 代表取締役 池田真悟様 大阪市中央区 通信機器販売代理店

給与計算と労務顧問をお願いし、助成金のスケジュールも含めて依頼しています。アシストさんで従業員のすべてのことをお願いしてから、経営に集中できるようになりました。ありがとうございました。

巴株式会社 代表取締役 竹谷 拓様 介護事業 大阪府松原市

フットワークよく、手続きの煩雑な部分もきっちりと丁寧にしていただいています。以前は自分で手続きをしたこともありましたが大変でした。早くお願いすればよかったと思っています。

ご相談・お問合わせ

お気軽にお問合わせください。折り返しご連絡さしあげます。
必須
必須
必須
 
 
社会保険労務士法人アシスト