スタッフブログstaff blog

こんなときどうする?②「助成金コンサルティングにご注意!」

Posted on June 19, 2019, In: 業務ブログ

皆様、こんにちは!社会保険労務士法人アシストの西村です。

さて、私のほうでは、
「こんなときどうする?」をテーマに、
タイムリーな話題についてわかりやすく問答方式で解説しております。


今回は「助成金コンサルティングにご注意!」です。
では、新規起業された社長と、顧問社労士との会話の風景をご覧ください。

社長 先生、先日A社という会社から連絡ありまして、
なんでもうちは従業員が正社員1人しかいませんが、
200万円ほど助成金をもらえるといっていました。
もらえたらとても有難いのですが、本当ですかね!?


社労士 そうなんですか!
ちなみにA社とはどのような会社ですか?


社長 なんでも、「助成金コンサルティング」をしているとのことで、
新規起業した社長に助成金を紹介することにより、
会社の資金を潤沢にして発展に貢献しているそうです。
正社員が1人でもいれば、
200万円ほどの助成金を受ける権利があるので、
権利を行使しないのは損ですよと言ってました。


社労士 それは夢がありますね・・・
ところで、A社からはもう紹介を受けたのですか?


社長 いや、まだなんですわ。
ちょっと費用が高いので、まずは
先生に相談してからと思いまして・・・


社労士 ちなみに、おいくらほど??


社長 それが、具体的に助成金を紹介するためには、
40万円ほど支払って契約しなければならないそうです。
契約してから、実際にうちが使える助成金を
教えてくれるのだそうです。


社労士 役所への申請手続き費用込みでしたら、
手数料20パーセントほどなので、それほど高くはないですね。


社長 いや違うんです。この費用はあくまで
使える助成金を教えてくれる料金」だそうで、
実際に役所に申請する書類作成とか手続きについては、
別途社労士に依頼しなければならないそうです。


社労士 えっ、単に助成金を教えるだけで
そんなにとるんですか!それは高いですね!


社長 ですよね・・・
それに、200万円がいつごろもらえるかとか、
どんな条件なのかも契約してからでないと教えてくれないそうで、
本当にもらえるのかわかりませんよね。


社労士 社長、うちも助成金の手続きを行っていますが、
いま正社員1人だけで200万円というのは、
かなり無理があるように感じます。
仮に受けられるとしても、受給まで3年以上かかる助成金とか、
1人でも退職者がでたらもらえない助成金とか、
あるいは諸規程の整備に結構費用がかかる助成金とか、
その辺の組み合わせになるので、ハードルはかなり高いと思いますよ。

社長 そうですよね。そんなに甘い話はないですね・・・
先生に相談して正解でした。
A社には断りを入れておきます。


社労士 そのほうがよいかもしれません。
うちも、御社が無理なく受給できる助成金を
これからも提案していきますので、安心して任せてくださいね!

いかがでしたか?
新規起業の社長が資金調達についての知識に乏しいところを衝いた、
新たな商売がでているようです。
違法ではないのかもしれませんが、あまり褒められたものではないですよね。

助成金については、提案から手続きまで
社労士に一貫して任せていただくほうが安心です。
もちろん当事務所も助成金を取り扱っておりますので、
ぜひご相談くださいね!