スタッフブログstaff blog

賃金・手当について③

Posted on April 30, 2021, In: 未分類

みなさん、こんにちは!

社会保険労務士の山下です。

 

いよいよ4月29日からゴールデンウイークが始まりましたね。

5月9日まで11連休!という方もいらっしゃると思いますが、アシストはカレンダーどおり営業いたします(^^)/

 

今回は、令和2年賃金構造基本統計調査の結果の概況についてご紹介します。

 

「賃金構造基本統計調査」は、厚生労働省が行っている基幹統計調査であって、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、年齢、勤続年数等別に明らかにすることを目的としています。

 

毎年6月分の賃金等について7月に調査を実施していますので、約1年前の数字になります。

 

また、調査対象としているのは、調査月に18日以上勤務しているなどの要件を満たした労働者です。昨年は新型コロナウィルス感染症の影響により、例年と比べて要件を満たす労働者の割合が減少しており、多少影響を受けている可能性がありますが、自社の賃金を検討する際の基本データとしてご参考いただけると思いますので、一部ご紹介します。

 

<一般労働者(短時間労働者以外)の賃金(月額)>

☆性別

男女計 307,700円(前年比0.6%増)

男性  338,800円(同  0.8%増)

女性  251,900円(同  0.8%増)

 

☆新規学卒者の学歴別

大学院   255,600円

大学    226,000円

高専・短大 207,200円

専門学校  208,000円

高校    177,700円

 

<短時間労働者の賃金(1時間当たり>

男女計 1,414円(前年比8.4%増)

男性  1,658円(同  2.9%増)

女性  1,323円(同  11.7%増)

 

 

企業規模別や産業別、都道府県別などのデータもありますので、ご興味のある方は下記URLをご確認ください。

 

令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省 (mhlw.go.jp)